コブハクチョウ Cygnus olor

野鳥 > カモ目 > カモ科 > ハクチョウ属

東京都千代田区皇居 2016/2/19
※分布図は目安です。

分布1,3,4,5,6):外来種としてほぼ全国に分布するほか4)、迷鳥として2例(八丈島5)、石川県6))の記録がある。国外ではヨーロッパ中部、カスピ海周辺、トランスバイカリア、モンゴルなど、ユーラシア大陸で局所的に繁殖する3)

外来種として国内各地の湖沼などに定着しているハクチョウの仲間。その名の通り、嘴の付け根にある大きなこぶが特徴であるが、若い個体ではあまり目立たない。2023年、石川県でモンゴルから飛来した個体が報告され、大陸から自然飛来している個体の存在が88年ぶりに確認されることとなった。

コブハクチョウの概要

希少度★★(外来種として普通)
★★★★(稀な迷鳥)
全長1)125-160㎝
生息環境湖沼、河川1)
学名2)olor「ハクチョウ」
英名Mute Swan「無口なハクチョウ」
※全く鳴かないわけではない3)

コブハクチョウの形態

成鳥

茨城県稲敷市 2016/2/22

頭部~頸の羽毛が汚れた成鳥。本来は羽毛は全体白い。
嘴基部のこぶは幼鳥ではないか合っても小さく1,3)、年齢識別の目安となる。

茨城県稲敷市 2016/2/22

同一個体。
オオハクチョウやコハクチョウとは嘴の色彩が大きく異なる。
これら2種には嘴基部のこぶもないため、識別は容易。

若い個体

鳥取県米子市 2016/4/29

正確な年齢推定は難しいが、嘴基部のこぶの小さい個体は比較的若い可能性がある。

兵庫県伊丹市 2013/2/24

別個体。

兵庫県伊丹市 2014/11/29

別個体。

兵庫県伊丹市 2014/11/29

同一個体。
嘴の色は若い個体で淡い傾向があるが、個体差が大きく正確な年齢識別には使えない7)

兵庫県伊丹市 2014/11/29

別個体。

年齢の識別

その年生まれの幼鳥は①こぶがないかまたは小さく、②嘴がピンク色味を帯び、③茶褐色の幼羽を残す。
幼羽については冬のうちに多くが白い成鳥羽に換羽し分かりにくくなるが、初列風切の先端や大雨覆、中雨覆に褐色が残ることが第1回冬羽を識別するポイントとなる7)
第2回冬羽では多くの個体が頭部、雨覆、腹部に幼羽を残すという7)
嘴の色の変化は個体差が大きく、年齢識別に使うには信頼度が低い7)

識別

オオハクチョウ、コハクチョウとの識別

オオハクチョウ、コハクチョウは冬鳥として渡来するが、外来種で一年中みられるコブハクチョウとしばしば区別されずに白鳥と呼ばれている。
3種はそれぞれ嘴のパターンが異なり、特にコブハクチョウは他2種と全く異なるため識別は容易。

外来種としてのコブハクチョウ

兵庫県伊丹市 2013/2/24

コブハクチョウは1952年に皇居外苑の堀に放たれて以降、全国各地で意図的に放鳥され、野外で普通に見られるようになった4)
移入個体も移動能力は高く、北海道ウトナイ湖で繁殖する個体群は冬季にその多くが茨城県霞ケ浦周辺に渡ることが知られている1,3,8)
そのため、自然飛来個体か放鳥由来かを判断することは通常不可能である。

迷鳥としてのコブハクチョウ

コブハクチョウは元々日本には飛来記録がなかったが、1933年に八丈島で採集された標本に基づき、1952年に日本初記録として報告された5)
その後外来種として野外に定着したため、飛来個体と逸出個体との区別がほぼ不可能となり、長らく自然飛来個体の正式な記録はなかった。
しかし、石川県において2021年末から2022年初にかけて観察された標識個体がモンゴルで標識されたものと判明し、2023年に88年ぶりの飛来記録として報告された6)

東アジアにおけるコブハクチョウの個体数についてはデータが非常に不足しているとしながらも、中国周辺で近年大きく個体数が増加した可能性についても言及されており9)、日本国内で冬季に観察されるコブハクチョウに占める自然飛来個体の割合については現状まったく未知の状態である。

文献

1)桐原政志・山形則男・吉野俊幸 2009. 『日本の鳥550 水辺の鳥 増補改訂版』文一総合出版.
2)James A. Jobling 2010. Helm Dictionary of Scientific Bird Names. Christopher Helm.
3)榛葉忠雄 2016. 『日本と北東アジアの野鳥』生態科学出版.
4)国立環境研究所 侵入生物データベース コブハクチョウ. https://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/20430.html 2024年1月13日閲覧.
5)山階芳麿. (1952). 八丈島産コブハクチョウ. 山階鳥類研究所研究報告1(1), 32-32.
6)富沢直浩, & 中村正男. (2023). モンゴル国で標識された野生のコブハクチョウ Cygnus olor の石川県における観察記録. 日本鳥学会誌72(2), 261-263.
7)Jeff Baker 2016. Identification of European Non-Passerines. Second Edition. British Trust for Ornithology.
8)大畑孝二. (1987). ウトナイ湖におけるコブハクチョウの生息状況について. Strix6, 80-85.
9)Meng, F., Chen, L., Fang, L., Zhang, B., Li, C., Zhao, G., … & Fox, A. D. (2020). The migratory mute swan Cygnus olor population in East Asia. Wildfowl Spl6, 73-96.

編集履歴

2024/1/13 公開